台風9号

8月9日(月)

今朝5時過ぎ、台風9号が呉市付近に再上陸。

と、全国ニュースで。

 

専徳寺周辺は、見たところ大丈夫。

 

このあたりは、台風が過ぎてから、雨風がきつい時もあったけれど、昼前には晴れ間も出て来た。

 

ただ、この台風で一番気がかりだったのが、キジバト。

案の定、姿がなくなっていた。

そして、卵が2つ樹の下に。。。

早朝、ずっと鳴き声が聞こえてたのだけど。

 

オリンピックも終わり、寂しい中での長崎原爆の日。

『A級戦犯者の遺言』 (青木 馨 編)

さらばなり  有為の奥山  けふ越えて 弥陀のみもとに  行くぞうれしき

東条英機らA級戦犯者の最期に教誨師として立ち会った唯一の日本人、花山信勝氏の講演より。

何と野呂山にある真人会野呂山道場での講演録だそう。

 

昨日の中国新聞朝刊の1面の広告に、

平和について考える一冊の中に紹介されてるのを見て取り寄せてみた。

 

平和を願って。

台風9号」への2件のフィードバック

  1.  境内のキジバト観察報告で仏縁と同じく、産卵誕生は条件がととわなければ成就しない事が盲亀浮木のたとえ話のように理解出来ました。正に無常(情)の嵐。

    合掌

  2. 石井様
    法事の法話でよく紹介するのですが、金子みすゞさんの『蓮と鶏(とり)』を思い浮かべます。

    泥のなかから蓮が咲く
    それをするのは蓮じゃない

    卵のなかから鶏が出る
    それをするのは鶏じゃない

    それに私は気がついた
    それも私のせいじゃない

    ご縁が整う。有り難いことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です