専徳寺

浄土真宗の教章(私の歩む道)

【宗名】
浄土真宗
【宗祖】
親鸞聖人 ご誕生 1173年5月21日(承安3年4月1日)
ご往生 1263年1月16日(弘長2年11月28日)
【宗派】
浄土真宗本願寺派
【本山】
龍谷山 本願寺 (西本願寺)
【本尊】
阿弥陀如来 (南無阿弥陀仏)
【聖典】
釈迦如来が説かれた「浄土三部経」
『仏説無量寿経』
『仏説観無量寿経』
『仏説阿弥陀経』
宗祖親鸞聖人が著述された主な聖教
『正信念仏偈』(『教行信証』行巻末の偈文)
『浄土和讃』
『高僧和讃』
『正像末和讃』
中興の祖 蓮如上人のお手紙
『御文章』
【教義】
阿弥陀如来の本願力によって信心をめぐまれ、念仏を申す人生を歩み、この世の縁がつきるとき、浄土に生まれて仏となり、迷いの世に還って人々を教化する。
【生活】
親鸞聖人の教えにみちびかれて、阿弥陀如来のみ心を聞き、念仏を称えつつ、つねにわが身をふりかえり、慚愧と歓喜のうちに、現世祈祷などにたよることなく、御恩報謝の生活を送る。
【宗門】
この宗門は、親鸞聖人の教えを仰ぎ、念仏を申す人々の集う同朋教団であり、人々に阿弥陀如来の智慧と慈悲を伝える教団である。それによって、自他とともに心豊かに生きることのできる社会の実現に貢献する。


専徳寺の沿革

1429年(応永27年)
臨済宗仏通寺派を開いた愚中禅師が、この地を見て気に入り、寺院建立をすすめているとき、本郷沼田城主 小早川熈平が戦死者の冥福を祈ると共に、支配の及ぶ拠点として、この地に「嶺宿山専徳院」を建立。(現在の観音堂付近)
1533年(天文23年)
予州(愛媛県)大洲城城主、宇都宮遠江守豊綱の三男 俊綱が隠遁し、この地にわたって出家して「一鑑坊」と名のり、専徳院に住持。
1568年(永禄11年)
一鑑坊の兄 満綱の次男 善寿が出家し、一鑑坊の後を継ぐ。
1574年(永正2年)
本願寺顕如上人に帰依し、浄土真宗に改宗。
現在の地に堂宇を建立し、寺号を「嶺宿山専徳寺」と改める。(善寿が専徳寺初代)
1641年(寛永18年)
第2世教宗のとき、本山より御本尊を下賜。
1713年(正徳3年)
元禄年間、第4世教雲のとき、火災にあって堂宇を焼失。
約20年後、第5世教立のときに再建。
(梁行2間半、桁行3間、かやぶき屋根のお堂。)
1746年(延享3年)
第6世教岸のとき、かやぶきの屋根を瓦葺きに。
このとき、なかなか寄付が集まらず、若坊守おマスが門信徒を説得し、完成に至る。
それ以降、マス型の紋を瓦に。
1802年(享和2年)
長浜に石泉社(塾)が開設される。
1877年(明治10年)
第11世から16世まで、30年の間に次々と住職が亡くなって、荒廃した専徳寺に第17世順道が入寺。
1889年(明治22年)
むくり屋根で、外陣七間四面。柱のない珍しい本堂を建立。
1904年(明治37年)
義俊が第18世住職を継ぐものの、明治43年に39歳で亡くなる。義淳がまだ9歳のため、順道が再び陣頭にたって教化。
1910年(明治43年)
順道の教化もあり、広村が模範村として国から表彰され、翌44年に光瑞門主を迎えて、御親修法要がつとまる。
1922年(大正11年)
義淳が第19世を継職。
1966年(昭和41年)
曠昭、20世を継職。
1984年(昭和59年)
第2次世界大戦や台風などで痛んだ本堂の屋根替えなど、伽藍の修復。
2005年(平成17年)
誠史、21世を継職し、現在に至る。