新型コロナウィルス感染症に関する対応

日本全国に非常事態宣言が発令され、不安な日々をお暮らしのことと思います。

 

御法事等に関するお問い合わせもいただきますので、専徳寺の対応についてご案内します。

まず、御法事は〈不要不急〉ではございません。

でも、こういう状況なので、
「延期しても良いですか?」「中止しても良いですか?」→「良いです」と応えます。
「どうしても法事はしたいんです」→「良いです。」と応えます。

求められていることを可能な限り、注意して行いたいと思います。

 

現在のところ、専徳寺主催で人の集まることは、基本的に〈しない〉方向で動いています。
ただ、お葬式・御法事に関しましては、御遺族・施主の方の御意向に沿って受けています。

 

【御法事に専徳寺参拝の場合】
 ・席を可能な限り離して配置しています。
 ・状況に応じて換気をします。
 ・外のトイレは現在利用禁止としています。
 ・廊下のトイレは2基あるうちの1基は利用禁止。1基だけ利用可能にしています。
 ・お茶の接待はただいま中止しています。
 ・マイクを使用して、離れた状況でおつとめいたします。
 ・マスク着用で『阿弥陀経』を読むのは難しいので、『正信偈』をおつとめします。
 ・お斎(おとき)のための集会所利用はご遠慮いただいています。

 ・お参りになられる際は、できる限りマスク着用で、
  三つの密(密集・密閉・密接)にならないよう、ご協力をお願いいたします。

 

【御法事がご自宅やよその会館等の場合】
 ・マスク着用でお伺いいたします。
 ・マスクを最初から最後まで外さないので、お茶等はご遠慮させていただきます。
 ・マスク着用で『阿弥陀経』を読むのは難しいので、『正信偈』をおつとめします。

 ・お参りされる方も、できる限りマスク着用で、
  三つの密(密集・密閉・密接)にならないよう、ご協力をお願いいたします。

 

【コミューン(対話型支援機器)導入】

現在、御法事にはマスクを着用しています。

これは「うつらないように」という感染防止の対策ではなく、症状に表れなくても感染している可能性もあるので、「うつさないように」という思いで着けているので、そのことを一言ご案内するようにしています。

ただ、マスクを着用すると声が伝わりにくくなるため、このたび対話型支援機器〈コミューン〉を導入しました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

マスクを着けてのご法事に、コミューンモバイル〈comuoon mobile〉導入。 #comuoon #ユニバーサルサウンドデザイン

浄土真宗本願寺派 嶺宿山 専徳寺(@sentokunet)がシェアした投稿 –

 

それに伴って、ユニバーサル・サウンドデザイン㈱のホームページ、導入事例〈comuoonを導入している全国の行政、医療、教育機関をご紹介します。〉に専徳寺が掲載されています。

ご興味のある方は、ユニバーサル・サウンドデザインホームページ(https://u-s-d.co.jp/)をご覧ください。

 

大変な状況ではありますが、みんなで乗り越えて参りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です