石泉文庫虫干し 1日目

9月29日(火)

今日から石泉文庫の虫干し。

例年7月に法座を開き、虫干しをするのだけれど、今年はコロナ禍で法座を中止し、虫干しだけを涼しくなったこの時期に。
ただ、ここ数日、連日呉市内でのコロナ感染者のニュースを聞くようになり、一段と気を引き締めて。

9時からの虫干しに向けて、石泉文庫には2階から下へ降ろす作業が7時過ぎより。

このたびは、感染防止対策として受付を用意し、参加される方の名前を書いていただく。

今年も広南小学校6年生が総合の時間にお手伝い。

9時に石泉文庫への細道を進み、

石泉文庫から専徳寺へ、蔵書を次々と運ぶ。

小走りで4往復してくれる子も。

本を運び終わると、今度は本堂で干す作業。

最初に総代さんに干し方をデモンストレーションしていただいて、本堂に張ったロープに干していく。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

浄土真宗本願寺派 嶺宿山 専徳寺(@sentokunet)がシェアした投稿

 

終わった後、「どうでしたか?」と尋ねたら、「楽しかったです!」と即答。

軽い本に歴史の重みを感じながら、みんな笑顔でいきいきしていたので、まわりも笑顔に。

受け継がれている行事に加わり、次につなげていく。

地域に対する感謝と恩返し。

午後3時から片付け。
そして、明日は9時から残りの半分を干す作業。

明日は雨の予報。
今日は何とか無事終えてほっと。

今夜は法中会。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です