広島別院報恩講

12月15日(火)

今朝は冷え込み、小雪もチラチラ。

今日は広島別院の報恩講に出勤。

広島別院の報恩講は、例年12月14日から16日まで行われ、15日と16日には安芸教区25組を2つに分け、各組1名が内陣出勤して勤められていたけれど、今年はコロナ対策として25組を4つに分けて、間隔を開けて出勤することに。

このたび久しぶりにその役目が回ってきた。
2011年に初めて出勤して以来。

今年は当山の報恩講も中止になったし、つとめあいの報恩講もすべて中止となったので、今シーズン唯一の法要出仕。

お斎はなく、法要1時間前に集合。

受付で手指をアルコール消毒し、検温。

メガネが曇らず、声も出しやすいと言うマスクを別院でご用意してくださっていたので、それを着け、別院の色衣・五条袈裟を着て法要に臨む。

法要は音楽法要。
しかも、祖師前一席。。。

久しぶりの音楽法要だったけど、忘れてなかったみたいでホッ。
また、今年は法事も葬式も少人数なので、例年の報恩講より人数は少ないものの、賑々しく法要の声が堂内に響くのはいいもんだなぁと。

法要が終わると、余間に座って御輪番の『御俗姓』を。

帰りにお下がりをいろいろといただいて帰ったので、親鸞聖人の御前に。

今年の通り報恩講もあと少し。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です