ぶろぐ

専徳寺のぶろぐです。

お寺のこと、地域のことを綴ります。


 

ブログ一覧

葉切蜂

6月11日(金)

今日の午後からしばらく梅雨空の予報。

最近、桜の葉っぱが、何かに食べられて。。。

と思っていたら、その正体が判明!

 

葉切蜂はきりばち

真っ黒なので、墨染葉切蜂すみぞめはきりばち

葉っぱをしっかりと抱えているのが動かぬ証拠。

 

次々とまーるく葉っぱを切り取って。。。

 

昨年の秋もバラの葉っぱがよく切り取られていた。

その時に初めて葉切蜂の存在を知ったのだけど、その姿を見ることはなかった。
でも、これは恐らく薔薇ばら葉切蜂の仕業。

葉切蜂は、葉っぱを食べるのではなく、巣の材料に使うのだとか。

 

また、フジバカマも葉っぱが薄くなっているような。。。

と、思って近づいてよ~く見てみると、

小さなバッタの赤ちゃんが。

 

植物の成長とともに、いろんな虫たちが寄ってくる。
どこまで譲り合えるかな。。。

 

ここからはこのぶろぐの編集についての余談。

このぶろぐは、Wordpressと言うインターネット上でホームページやブログの作成が出来るソフトウェアで作成。

ずっとこのぶろぐの行頭に句読点ができるのが気にかかって、いろいろと調べていたら、CSSで「禁則処理」をすれば良いと言うことが分かった。
と言っても、難しい言葉も作業も分からないので、分からないものでも出来る方法があるだろうと、探し続けて《Simple Custom CSS and JS》と言うプラグインがあることを知り、

body{
 word-wrap : break-word;
 overflow-wrap : break-word;
}

それに上記の構文をコピー&ペーストしてみたら、何と何とちゃんと禁則処理が出来るようになった。

そして、《Shortcodes Ultimate》と言う人気のプラグインもついでに導入してみたけど、いろいろ紹介しているサイトに当然のように出てくる

《メディアを追加》のようなボタンのある編集画面ではないので使えない。。。

あきらめかけていたら、この画面はバージョンアップする前の編集画面だそうで、《Classic Editor》と言うプラグインで昔の編集画面にすると良いと分かり、何とか使えるように。

それから、ルビ。
これは《WP-Yomigana》と言うプラグインを使うと、簡単にふりがなを入れることが出来る。

いろいろ探したら同じような道を通ってきた人がいるんだなぁと思いながら、とりあえず忘れないよう記録。

 

 

背私向公

6月8日(火)

今日はお参り先でお仏壇の上に掛かっていた順道の書を撮らせていただいた。

専徳寺第17世住職 順道の書は、寺には残ってなく、ご門徒さんのお仏間で時々見かける。

背私向公

背私向公はいしこうこう」とは、親鸞聖人が倭国の教主と崇められた聖徳太子の『憲法十七条』のことば。

十五曰、背私向公、是臣之道矣。凡人有私必有恨。有憾必非同、非同則以私妨公。憾起則違制害法。故初章云、上下和諧、其亦是情歟。

十五にいはく、わたくしそむきておおやけくは、これやつこらまの道なり。すべて人わたくしあるときはかならずうらみあり、うらみあるときはかならずととのほらず、ととのほらざるときはすなはちわたくしをもつてもおおやけさまたぐ。うらおこるときは、すなはちことわりたがのりやぶる。それ初めのくだりにいはく、上下かみしもあまなととのほれといへるは、それまたこのこころなるかな。(註釈版聖典より)

私情を交えると、そこには当然好き嫌いが生まれ、公平な仕事、まつりごとは出来ない。いつの時代も。

今年は聖徳太子1400回忌。

 

 

 

ヘビ? ニホンカナヘビ

6月7日(月)

※爬虫類等、苦手な方はご注意を。

ここ数日、晴れが続いて、親鸞聖人像の足下に咲くアジサイも色づいた。

お葬式から帰ってくると、玄関先の植木鉢の間に小枝のようなものが突然チョロチョロと。

尻尾がとにかく長い!

見たことのないトカゲだったので、とりあえず写真に撮って、「しっぽの長いトカゲ」で検索すると、あっという間に「ニホンカナヘビ」と判明。

トカゲなのにヘビ?

 

カナヘビの名前の由来は「愛蛇(かなへび)」。
〈可愛らしい蛇〉だそう。(諸説あり)

先日ペットのニシキヘビが逃げたとかでニュースになってたけど、人の好みは十人十色。

 

そういえば、若冲の動植綵絵の池辺群虫図にも確かトカゲがいたような。。。

やっぱり絵の一番下に。

でも、こちらはニホントカゲ?

好き嫌いはともかく、みんなみんな 生きてる

ハナカイドウ

6月3日(木)

鐘楼の前に生えている樹。

一昨日、あまりにも隣のナンテンが生い茂って窮屈になっていたので、少し刈り込んで空間を空けた。

写真の左側のナンテンと、その隣の小さな樹。

春に花が咲いた頃は、

こんなピンクの花。

このピンク色の花からずっとサクラの仲間だと思っていた。

そして、今日、

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

浄土真宗本願寺派 嶺宿山 専徳寺(@sentokunet)がシェアした投稿

さくらんぼ?

実がなっているのを発見。

そこで気になって、この樹が何のサクラか調べてみたら、どうやらこれはサクラではないことが分かった。

ハナカイドウ(花海棠)

バラ科 リンゴ属

サクラは成長が早いと聞いたけど、聞いた話では、この樹は昭和60年になくなった保育所の卒園記念樹として植えられたそうなのに、全然大きくならない。。。

その謎がやっと解けた。

これはサクランボでなく、ひとつぶのリンゴ。ハナカイドウ。

 

里山を愛する会

5月30日(日)

梅雨入りしてから2週間が経過。
梅雨入りした頃の週間天気予報は、連日☁と☂マークだったのでどうなるかと思ったけれど、広南学園の運動会も雨で1日順延となった火曜日に無観客で終わり、翌日の皆既月食は雨で見れず。。。
そんな中、今朝の中国新聞朝刊 呉・東広島版には広南小学校の記事。

〈里山を愛する会〉が、広南小学校4年生と一緒にサツマイモの苗を植えたと。

28日に中国新聞とNHKの取材が来ることは事前にお聞きしていたので、その日の夕方、NHK広島の「お好みワイドひろしま」にどんなふうに映るのか楽しみに。

おそらく終盤あたりで出てくるのかなぁと思ったら、何と!!
冒頭のタイトルコールにいきなり登場。

そして、ふたたび。

こういう体験を通して 心豊かな気持ちになってほしい

西山(黄幡山)にある海を見下ろす畑で育つサツマイモ。
緊急事態宣言が6月20日まで延長されることとなったけれど、すくすく育ってくれるといいな。

総合的な学習の時間で、1年を通して里山を学ぶとか。

子どもたちの笑顔が地域を元気に。

 

午前中の法事が終わり、午後から本堂に絵本棚をこのたび新しく設置。

1時間ほどかけて組み立て。
これから少しずつここに絵本を運んで、お参りに来られた子どもたちに笑顔と、本を大切に扱うやさしい心を。