広南小学校読み聞かせ(173)

11月11日(月)

明け方、結構激しい雨音。

朝には雨が上がって、今朝は久しぶりに広南小学校読み聞かせ。

 

ボランティアの働き方改革?

なかなか人員が集まらないのと、お世話される方の負担を減らすため、読み聞かせの回数が減ってしまった。
先月は1回あったけど、私はいつもしているからとお休みに。

学校から人数が集まらなくても、いる方だけでもお願いしますと要請があったようで、また復活するかな。

 

今日の担当は4月以来の1年生。

教室に入ると、みんなマスク!
週末に迫った学習発表会のためのインフルエンザ対策?

今日はいつもと違って、風呂敷包みを持参。

これは何だと思う?

・・・・

風呂敷をほどくと、

紙芝居!?

そう。紙芝居をします。

扉を開けて、舞台を整えると、

そんなの見たことない。

と。何とも嬉しいリアクション。

紙芝居は世界に類を見ない日本の芸能なんだそう。
かこさとしさんも水木しげるさんもいわさきちひろさんも、紙芝居から。

 

今日読んだのは、『かまた先生のアリとキリギリス』(鎌田實 脚本・スズキコージ 絵)

『アリとキリギリス』の話、知ってる人!と尋ねると、ほとんどの子が手を挙げてくれた。

イソップ童話の『アリとキリギリス』は、「働かざる者食うべからず」。
『かまた先生の―』はその話を変えて。

 

絵本と違って、読みやすく、見せやすいので、時にはこんなふうに紙芝居でもいいかな。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です