ハナカイドウ

6月3日(木)

鐘楼の前に生えている樹。

一昨日、あまりにも隣のナンテンが生い茂って窮屈になっていたので、少し刈り込んで空間を空けた。

写真の左側のナンテンと、その隣の小さな樹。

春に花が咲いた頃は、

こんなピンクの花。

このピンク色の花からずっとサクラの仲間だと思っていた。

そして、今日、

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

浄土真宗本願寺派 嶺宿山 専徳寺(@sentokunet)がシェアした投稿

さくらんぼ?

実がなっているのを発見。

そこで気になって、この樹が何のサクラか調べてみたら、どうやらこれはサクラではないことが分かった。

ハナカイドウ(花海棠)

バラ科 リンゴ属

サクラは成長が早いと聞いたけど、聞いた話では、この樹は昭和60年になくなった保育所の卒園記念樹として植えられたそうなのに、全然大きくならない。。。

その謎がやっと解けた。

これはサクランボでなく、ひとつぶのリンゴ。ハナカイドウ。