薄墨桜開花

3月27日(日)

昨日は雨。

雨がやんだ夕方、薄墨桜を見に行くと、

雫を垂らしながら開花!

そして、今日は青空の下。

何とも小さくて可愛らしい、下向きの桜。

他のつぼみも次々と咲きそうな感じ。

今年は小さなつぼみが何と13個も。

 

来年こそ咲いてくれるといいなと思っていたのに、今年これだけ花をつけてくれるとは。

来年は木が一回り大きくなると思うので、石垣の下からでも桜が見れるようになるかな。

ここで花見が出来ますように。

 

そして、翁草(うずのしゅげ)も次々開花。

 

広南中学校 離・退任式

3月25日(金)

寒の戻りから一変。
今日は穏やかな晴れ空。

午前中、広南中学校の離・退任式に。

在校生の保護者に限られていたので、小学校へは参加できず、中学校のみ。

お世話になった先生方の離・退任式。
このたび、校長先生と学校主事の先生2名が退任、4名の先生が離任することに。

「文化は繋いでいくものでもあるけれど、進化するものでもある」

と、最後の先生お一人お一人の言葉より。

 

コロナ禍でいろいろと制限がある中、こうして最後に立ち会えたことに感謝。

また、生徒たちの挨拶やお辞儀の姿を後ろから見ていて、立派になったなぁと。

お世話になりました。

 

薄墨桜のつぼみが一段と膨らんできた。

そして、翁草も次々開花。

 

春は別れの季節ではあるけれど、はじまりの季節でも。

これから何がはじまるかを楽しみに。

 

東日本大震災から11年目

3月11日(金)

午後2時46分、梵鐘を撞く。

東日本大震災から11年目。

撞く前に呉市から黙祷を促す町内放送が流れたので、この梵鐘の響きがこころに届くといいなと思いながら。

 

正覚大音しょうがくだいおん 響流十方こうるじっぽう

南無阿弥陀仏

 

 

呉市文化財保存活用地域計画 ヒアリング調査

3月4日(金)

季節の変わり目なのか、今日は3件のお葬式。

何とか無事終えて、休む間もなく午後4時10分より本堂にて呉市文化財保存活用地域計画のヒアリング。

呉市より4名、こちらは住職と総代さん5名が出席。

「文化財に対する取り組み」について、取り組み経緯・内容、成果、課題など、いろいろと質問に答える形で。

 

県史跡「石泉文庫及塾・石泉僧叡之墓」

虫干しのこと、小学生の防火訓練・虫干しの参加を含めた地域との関わり、歴史ウォーキング等々。

課題は、建物の老朽化が進んでおり、広島県と呉市の援助をいただけたら、もっと活用できるかなという話を。

総代さんからは、改めて長浜愛を熱く。

 

知られていないこと

いっぱいあるなぁと。。。

ともに学ばせていただくご縁と。

 

年の瀬の報恩講

12月9日(木)

昨夜の仏教壮年会の蓮作り。
時間が限られていたので、持ち帰って作ってくださった方が、今朝一番にお持ちくださった。

そんなこともあり、天気同様晴れ渡って穏やかな朝。

今日は午前中、沼田地区の通り報恩講。

「今年もご院さんと一緒に報恩講に遇わせていただきました。
 これで安心しました。来年もがんばります!」

と、笑顔で仰っていただくと、とっても有り難い。

この時期になると、来年の話がチラホラと。

先が見えない不安はあれど、先を見据えてがんばれる。

そんなご縁に遇えるって、大切なことだな。

 

 

私たちの町

11月20日(土)

今日は慌ただしい中にも有り難い一日。

10時、報恩講参り。
いつもは地区ごとの通り報恩講でお参りするお宅だが、今日はお子さんがお孫さんを連れて帰ってくるので一緒にご縁に遇わせたいと、親・子・孫と3代揃って報恩講。

11時、入仏式。
このたび、お仏壇を新調されたお宅。
仏壇屋さんから、「御本尊はこちらでも御本山からお迎えすることができるけれど、お寺さんからお迎えされますか?」と尋ねられたそう。
そこで、「これからもお世話になるのだからお寺にお願いします」と、先日御本尊と脇掛の御依頼があった。
数日後、本願寺より御本尊と脇掛が届くと、お仏壇をお迎えする日の朝に受け取りに来られ、「入仏の日を忘れたらいけないから、今度の私の誕生日にお願いしてるんです」と。

12時、お葬式
106歳で御往生された方のお葬式。

 

有り難いご縁のあと、昼食を済ませ、呉市役所へ。

今朝の中国新聞朝刊の呉・東広島版。

1階ロビーで呉市立中学校の生徒による美術作品展開催中。

広南中学校1年生の作品が4点出品。
その中に次男の作品も。

アクリルガッシュの赤・青・黄の3色と白だけを使って仕上げた私たちの町「長浜」の光景。

長浜は青い海と緑の山。

青いと言っても、毎日、毎時間、いつ見ても色が違う。

「私の町」って、見る色、光景が人それぞれ違うのだろうなぁと。

 

帰宅して、再び法事と夕方専徳寺名誉総代のお通夜。

みんな違うけれど、みんな同じ 私たちの町。

 

部分月食

11月19日(金)

今夜はほぼ皆既の部分月食。

「ほぼ皆既」?

部分月食ではあるものの、月の直径の97.8%までが影に入り込むため、皆既月食に近い現象が観測できるそうで、日本では89年ぶりなのだとか。
でも、89年前は食の最大が観測できたのが一部地域だったので、食の最大を日本全国で観測できるのは140年ぶり。

ということなのだけど。。。

専徳寺の東に位置する螺山から月が姿を現したのは19時。

食の最大は1時間前の18時頃。

見えた時には月の姿は既に3分の1ほど現れて、ほぼ皆既でなくただの部分月食。

 

それでも、11月半ばを過ぎたのに、風もなく、雲もなく、音もなく、とっても静かで穏やかな夜。

つい先日まで、1匹だけコオロギが寂しそうに鳴いていたのに、その声も聞こえなくなった。

 

通り報恩講も佳境に入り、ここのところお葬式も続き、少々疲れ気味。

そんな時に1時間ほどであったけど、ゆっくりと夜空を眺めることができた。

さぁ、明日もがんばろう。

今年も静かな文化の日

11月3日(水)

穏やかな、暖かい、そして、静かな文化の日。

昨年に続いて、今年も長浜入江神社の秋祭は中止。

帰りたくても帰れない、会いたくても会えない方も、あともう少し。

今日は午後沼田地区にお参りに。

 

そのあと、あまりにも静かで穏やかなので、

帰りに近くの砂防ダムの工事現場へ足を伸ばす。

いつもは遠くから眺めるだけ。
近くまで来ると・・・。

予定では、工事期間は来年1月15日まで。

静かなこの場所も来年は。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

浄土真宗本願寺派 嶺宿山 専徳寺(@sentokunet)がシェアした投稿

 

浅葱斑

11月2日(火)

10月18日、お墓の側の木の根が張って困っているとの連絡があったので、アラメノ鼻(長浜東)にある専徳寺墓地へ確認のため向かった。

細い墓参道を上がっていくと、目の前に蝶がひらひら

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

浄土真宗本願寺派 嶺宿山 専徳寺(@sentokunet)がシェアした投稿

 

浅葱斑あさぎまだら!!

しかも2頭。
(蝶の数え方は1匹、1羽でなく、1頭、2頭だそう。)

台湾方面へと渡っていく旅の途中だったのかな。

続きを読む