石泉文庫防火訓練

1月23日(木)

1月26日は第66回文化財防火デー。
昭和24年1月26日、法隆寺金堂壁画が火災により焼失したことから、この日を「文化財防火デー」と定め、この日を中心に文化財を火災・震災等の災害から守るため、全国的に文化財防火運動を展開している。

呉市では、今日の石泉文庫(県史跡)を皮切りに

 1月24日 旧呉鎮守府司令長官官舎(入船山記念館)
 1月25日 多賀雄神社(苗代)
 1月26日 桂濱神社(倉橋)
 1月26日 御手洗重要伝統的建造物保存地区
 1月26日 向日原神社(押込)

と、続く。

昨日の午後から雨が降りだし、週間天気予報では1週間傘マーク。
雨天中止としていたので、今年は無理かなと思っていたけど、雲行きがどんどん変わった。
今朝雨は止んで、曇り空。
予定どおり、防火訓練を開催。

今年も広南小学校3年生が参加。

午後1時30分、地域の方が石泉文庫に集まり、40分より消防署の方より説明を。

1時50分に小学生が到着。
2時、白煙が出て、地域の方が火災を発見。
消防署への通報と、到着までの初期消火。

消防車が長浜へ到着し、ホースを延長して石泉文庫へ到着。

そして、消火活動。鎮火。

細い道、延長ホースをまたぎながら専徳寺境内に移動して、

警察署長より講話。

そして、このたびは南海トラフ地震を想定し、2つのことを聞かせていただく。
1つは、これまでの震災等で何による火災が多いかという話。
何と、停電が解除された後の通電火災が一番多いのだそう。火の元だけでなく、避難等をする場合は、ブレーカーを落とすなどの対策を。
もう一つは、津波の話。
呉に津波がやってくるのは、想定では少し立ってから。
情報をもとに、高いところへ避難を。

話のあとは、水消火器を使っての訓練を体験。
「火事だ!」とまわりに知らせ、水消火器を持って近くへ行き、ピンを抜いてホースを持ち、レバーを押す。

本来なら、小学生は消火器に触らず、まわりに知らせて離れること。

でも、初めて消火器を体験して、いろんなことを学んだかな。

最後に、天ぷら火災の実験。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

1月23日(木) 石泉文庫防火訓練の後、天ぷら火災の実験を専徳寺境内にて。 #文化財防火デー

浄土真宗本願寺派 嶺宿山 専徳寺(@sentokunet)がシェアした投稿 –

 

炎の上がる天ぷら鍋に、ひしゃくでちょっとの水を入れただけで、炎が高く。

テレビや本では学べないことを体感。

みんなで守っている石泉文庫。
家に帰って話題にしてもらったらいいな。

ようこそのご参加でした。

 

記憶屋 あなたを忘れない

1月17日(金)

阪神・淡路大震災から25年目。
日頃は忘れていても、あの時のことを思い出す。

一昨年の今日、長浜・小坪で映画の撮影が行われた。
翌日、呉東組総代会新年会が行われ、その席で一緒になった総代さんに「昨日映画の撮影があったそうですね」と尋ねたら、いろいろと教えてくださった。
『記憶屋』という映画だということ、山田順子さんという方が時代考証をされてて、お母さんの実家が長浜だということなどなど。

そして、そのご縁で昨年末に山田順子さんをお迎えして講演会も開かれた。

その映画がいよいよ本日公開。

とはいえ、今日は午前中に新築のお宅の入仏式。
それが、昨日電話があって、「明日は仏滅となってるので・・・」と。
「浄土真宗では仏滅とか気にされなくてもいいですよ」と答えたけれど、どうも気にされているようだったため、「日にちを変えましょう」と、今日の予定が変更。

時間が空いたので、公開日初っぱなに。

映画は見てのお楽しみ。

エンディングソングは、『時代』(中島みゆき)。

まわるまわるよ 時代はまわる
喜び悲しみ繰り返し
今日は別れた恋人たちも
生まれ変わって めぐりあうよ

長浜から瀬戸内海に沈む夕日を最後見ながら。

「生まれ変わって めぐりあうよ」は、華の台(うてな)で。



それにしても、この寒い季節に半袖で撮影だったとは。。。(東小坪にて)

今夜は呉東組総代会新年会。

 

 

年の瀬

12月27日(金)

昨夜は呉東組忘年会。

忘年会の最中、お葬式のことで度々中座。
なかなか《忘》出来ない。。。
でも、この頃物忘れは多くなってきた。。。

昨年の豪雨災害で崩れた長浜峠の工事が24日に終わり、片側交互通行がようやく解除。

そして、今朝の中国新聞朝刊 呉・東広島版に先日のふるさと歴史講演会の記事。

今年もいろいろあったけど、残りもあとわずか。

 

大晦日の除夜会に、今年も蓮の花を境内の親鸞聖人像にお供えしていただく予定。

何か彩りを加えられないかといろいろ探していて、先月ハスワーク®なるものを見つけた。

ホームページはこちら→https://www.koppuri.com/

20年ほど前、5月に韓国のソウルを訪れた時、韓国は旧暦で花まつりをお祝いをするようで、提灯などが飾られ、賑やかだった。その中に、こんな蓮の花を見た記憶があった。あの時の蓮が作れると思って、早速蓮紙を購入したものの、報恩講中はなかなか余裕が。

ここに来て、ようやく。

用意するのは、購入した蓮紙・紙コップ・のり。

薄い蓮紙をこよって花びらのようにしたものを、紙コップに貼っていく。

最後に紙コップの中にLEDのロウソクランプを入れたら完成。

初めてでも、それらしくはなったかな。

ハスワーク®の使用許可申請も今日お返事をいただいて完了。
全国で240番目。何と、広島県で2番目の申請者だそう。(1番目もお寺さんとか)

大晦日、境内の親鸞聖人の足元に蓮の花が美しく咲きますように。

 

ふるさと歴史講演会

12月22日(日)

今日は冬至。
一年で一番日照時間が短い日。
とはいえ、今日は朝から寒い曇り空。

朝9時から広南中学校体育館で、広南部自治会連合会(主幹 広南を元気にする会)主催のふるさと歴史講演会。

この講演会の案内と一緒に、長浜のあちらこちらでこのポスターを見かける。

『記憶屋 ~あなたを忘れない~』

来年1月17日に公開されるこの映画に、ワンシーン出演されているという山田順子先生をお招きし、

『映画「記憶屋」の時代考証家が見た広長浜・小坪』

山田順子先生の本業は時代考証家。

山田先生のお母さんの実家がこの長浜で、小さい頃は長浜で映画を観るのが楽しみだったそう。

この映画の平川雄一朗監督とは、テレビドラマ『仁 ―JIN―』や『天皇の料理番』で御一緒したそうで、瀬戸内海に沈む夕日を求めて、一緒にロケ地探しを。
その途中、立ち寄った長浜で、せっかくなのでお墓参りをと、車を駐めて休憩していたところ、そこが今回のロケ地に決まったとか。

この映画の他、昨年放送されたドラマ『この世界の片隅に』の話も楽しく聞かせていただいて、あっという間の1時間。

そのあと、希望者はロケ地等をめぐるウォーキング史跡めぐり。そちらは法務のため行けず。

午後から雨が降り出したが、久しぶりに大和ミュージアムへ。

今日の講演の中にもチラッと出てきた海賊のことも。

『この世界のさらにいくつもの片隅に』『記憶屋』、いつ観れるかな。。。

 

 

トビ、空へ

12月12日(木)

一昨日の夕方、カラスとのケンカ?で本堂の裏へと落ちたトビ。

脳震盪を起こしたような感じで動くこともできず、段ボール箱に入れて保護。

昨日、ひっくり返ったまま寝た状態で、呼吸をしたり、時折足を動かしたりはするものの、どうなることかと心配したけど、夜になって起き上がり、ゴソゴソと動き出した。

ぐっすりと休めたので、回復したのかな。

子どもたちもずっと心配していたので、飛び立つ姿をビデオに撮っておくことに。

ビデオをセットして、段ボール箱のフタを外すと、あっという間に飛び立っていった。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

12月12日(木) 保護してたトビが、今朝無事飛び立ちました。元気でね。

浄土真宗本願寺派 嶺宿山 専徳寺(@sentokunet)がシェアした投稿 –

 

他宗には「放生会」というのがあるけれど、浄土真宗にはそのようなものはない。

ただ、我が家にとって、「いのち」を感じる大きなご縁をいただいたかな。

 

ふるさと歴史講演会

12月2日(月)

昨夜からの雨で、銀杏もかなり散ってしまった。

明日から今年最後の法座、仏教壮年会・仏教婦人会法座。
それが終わると、6日に仏教壮年会境内清掃。8日に蓮作り。
どうぞ、お誘いあわせて。

今日も長浜の通り報恩講。

その最中、町の掲示板に講演会のお知らせを発見。

長浜にご縁のある山田順子先生を迎えての講演会があるそう。

どうぞお楽しみに。


ふるさと歴史講演会とウォーキング

期日:令和元年12月22日(日) 開場 8時30分 開演 9時~11時30分

場所:広南中学校体育館

演題:『映画「記憶屋」の時代考証家が見た広長浜・小坪』

講師:山田順子先生

講演終了後、講演関連の史跡巡り(希望者)
  弁吾墓碑・記憶屋撮影スポット・江差港墓碑

主催:広南部自治会連合会(主幹 広南を元気にする会)


 

スポーツ紙1面に

11月25日(月)

「お寺に鯉コイ」から一夜明け、朝から普段どおり通り報恩講。

今日の『デイリースポーツ』(広島印刷板)1面に、まさかまさかの「お寺に鯉コイ」!!

スポーツ紙を普段買うことはないけれど、思わずコンビニで。。。

シーズンが終わり、秋季キャンプも終わり、ファン感謝デーも終わった翌日。
これから選手の皆さんは各地でオフシーズンのお仕事に。
その初めということもあってか、昨日は6名も取材に。

お目当ては床田投手だったようで、終了後控え室前で囲み取材を。
安部選手の「お寺で僧侶コスプレ?」は小さく。。。

「逃げずにいきたい」
丸ビビらせた直球磨いて
苦手意識仏っとばす!!

そんなことは言ってなかったような。。。

何はともあれ、大成功だったのかな。

 

今は通り報恩講、長浜をあちこちと。

今日は東地区。

来年1月17日公開予定の『記憶屋 あなたを忘れない』

今年の1月に撮影が行われたとの話は聞いていたけど、予告編に出てくるこのシーン。

今日はまさにこの撮影地あたりをお参り。

一昨日は、小坪へスクターでお参りした後、長浜沖を航行するGantu(ガンツウ)を見かけた。

この長浜を、よその人はどう眺めるのだろう。。。

この冬は、12月20日より『この世界のさらにいくつもの片隅に』が公開。

どちらも楽しみに。

 

 

 

 

空から落とし物?

11月5日(火)

朝は少し冷え込んだ。 

祭も終わり、連休明けの朝、玄関の戸を開けてびっくり!!

何やら長いものが。。。

ヘビ?
ヘビにしては短い?

近づいて見ると、

何と、大きなアナゴ。

鳥の捕まえたアナゴが、空から降ってきた?

アナゴが落ちてるのにもびっくりしたが、こんなにも大きなアナゴがこのあたりにいるのかと。

いずれにしても、歩いているときに落ちてこなくてよかった。

頭上にお気をつけて。

 

 

 

 

入江神社秋祭

11月3日(日)

今日は長浜入江神社の秋祭。

祭、祭で、例年この日はそれほど忙しくないのだが、今年は翌日が文化の日の代休となったため、世の中三連休。。。

そのためか、昨日・今日と慌ただしく。

最後の法務で声を絞り出し、そして祭へ。

 

入江神社の祭礼なので、お寺以外は紙垂(しで)が張られる。

ただ、他の祭と違うのは、この祭が『妙好人伝』にも登場する、お念仏を大切にされた想四郎と想吉の物語に由来すること。

二人の乗った船が嵐に遭うが、それでも神頼みをせず、お念仏を。

昔はお供舟が太鼓や御輿と一緒に町中をまわったが、今はひっそりと神社の境内に。

それでも、勇壮に太鼓がぐるぐると回る。

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

11月3日(日) 長浜、入江神社の秋祭。全国でも珍しい妙好人にまつわる祭。 『妙好人伝』芸州九右衛門男

浄土真宗本願寺派 嶺宿山 専徳寺(@sentokunet)がシェアした投稿 –

広長浜地区防災講演会

6月15日(日)

昨日の「激しい雨」予報、いろいろと心配されたけど、今朝は青空。

日曜日にしては珍しく10時の法事がなかったので、広南小学校体育館で9時から行われた広長浜地区防災講演会に。

長浜連合自治会主催の講演会。

まず、連合自治会長が昨年の豪雨災害をふり返り、

次に、呉市危機管理課より、『自分の命を守るための〈防災知識〉~南海トラフ巨大地震対策について~』と題して講演。

 

中休み後に、呉工業高等専門学校の先生指導の下、それぞれ自分の住んでいる地区ごとに分かれて、地図をひろげ、『DIG(Disaster Imagination Game) 長浜地区で考えよう!南海トラフ巨大地震を想定した災害図上訓練』が行われた。

11時の法事のため、途中で失礼することとなったが、先にあることにそなえて準備することの大切さを改めて。

 

〈後生の一大事〉

と、同じこと。
その時になって考えればいいと思っていたら手遅れに。

 

どうぞ声かけあって。